MENU
PROJECT ま

企画ON READING

短歌プロジェクト「ここでのこと」

短歌:小坂井大輔、惟任將彥、谷川電話、千種創一、辻聡之、寺井奈緒美、戸田響子、野口あや子、山川藍(五十音順)
イラスト:宮崎信恵

作品をみる

  • 「スニーカーを売ったお金」谷川電話
    関連施設・場所:35.169134, 136.912069(広小路通・栄四丁目付近)

  • 「水門のあく音」戸田響子
    関連施設・場所:伏見

  • 「僕もあなたも」小坂井大輔
    関連施設・場所:平和園

  • 「ASTY DAYS」寺井奈緒美
    関連施設・場所:ASTY(アスティショッピングセンター)

  • 「オアシス」辻聡之
    関連施設・場所:相生山緑地

  • 「今池ハードコアは死なず」野口あや子
    関連施設・場所:今池

  • 「距離の青い蝶」千種創一
    関連施設・場所:ナゴヤドーム

  • 「鶴舞公園」惟任將彥
    関連施設・場所:鶴舞公園

  • 「日曜日の同僚」山川藍
    関連施設・場所:名古屋城本丸御殿

プロジェクトについて

本プロジェクトでは、愛知県にゆかりのある9人の歌人による短歌集を公開します。小坂井大輔、惟任將彥、谷川電話、千種創一、辻聡之、寺井奈緒美、戸田響子、野口あや子、山川藍(五十音順)が、名古屋市・東山公園に拠点を構える書店「ON READING」の呼びかけにより県内のさまざまな場所にて作歌しました。添えられたイラストは、愛知県在住のイラストレーターの宮崎信恵による書き下ろしです。「今、ここ」で生まれることばから、この日常のリアリティが浮かび上がります。

同時書籍化、2021年2月販売開始です。書籍版情報はこちら

クレジット

企画:ON READING

短歌:小坂井大輔、惟任將彥、谷川電話、千種創一、辻聡之、寺井奈緒美、戸田響子、野口あや子、山川藍(五十音順)

イラスト:宮崎信恵

企画者コメント

新型コロナウイルスの感染拡大により、当たり前のように続くと思っていた私たちの日常は一変しました。特に、他者との対面での交流や、移動の自粛を求める〝要請〟が私たちの生活と、心に与えた影響は小さくないものでした。

地球に住む全ての人にとって無関係ではいられない今回の事態ですが、各々の事情や環境によって受ける影響はさまざまです。また、移動が難しくなり行動範囲が狭くなったことで「世界が狭くなった」という声も散見されましたが、一方でこれまで見過ごしてきた半径1kmくらいの地図の解像度がぐっと上がったと見ることもできるのではないでしょうか。個々(ここ)の断片的なシーンと世界を同時に襲った未曽有の事態という大きな物語。ミクロとマクロの視点を行き来することで、自分の居る場所を改めて意識することができるのではないかと思います。

今回のプロジェクトでは、愛知県に縁のある歌人に「ここ」(HERE)で生まれた歌を制作していただきました。今、「ここ」から見える、個々の感じる景色、感情。これらの短歌を通して、愛知の新しい見方や解釈が生まれることを楽しみにしています。

歌人プロフィール

谷川電話たにかわ・でんわ

1986年生まれ。愛知県一宮市出身。2014年、角川短歌賞を受賞。2017年、短歌集『恋人不死身説』(書肆侃侃房)刊行。

戸田響子とだ・きょうこ

「未来短歌会」彗星集、歌人集団「かばんの会」に所属。詩形融合作品「煮汁」で第4回詩歌トライアスロン受賞。「拾いながらゆく」で第60回短歌研究新人賞次席。

小坂井大輔こざかい・だいすけ

1980年愛知県名古屋市生まれ。「未来短歌会」会員。「かばんの会」会員。『短歌ホリック』同人。RANGAIメンバー。2019年、第一歌集『平和園に帰ろうよ』(書肆侃侃房)刊行。

寺井奈緒美てらい・なおみ

ホノルル生まれ、愛知県育ち、東京都在住。趣味は粘土で縁起のよい人形をつくること。2019年、書肆侃侃房から第一歌集『アーのようなカー』(新鋭短歌シリーズ46)刊行。

辻聡之つじ・さとし

愛知県名古屋市在住。短歌結社「かりん」、同人誌『短歌ホリック』所属。コメダ珈琲店金シャチ会員。2018年、第一歌集『あしたの孵化』(短歌研究社)刊行。

野口あや子のぐち・あやこ

1987年岐阜県生まれ。愛知県名古屋市在住。歌集に『夏にふれる』(短歌研究社、2012年)、『眠れる海』(書肆侃侃房、2017年)ほか。『岐阜新聞』の写真とのエッセイ連載や、『小説新潮』での小説発表など、散文、コラボレーションにも意欲的に取り組んでいる。

千種創一ちぐさ・そういち

1988年愛知県名古屋市生まれ。愛知県立明和高等学校在学中の2005年ごろ作歌開始。歌集に『砂丘律』(青磁社、2015年)、『千夜曳獏』(青磁社、2020年)。日本歌人クラブ新人賞(2016年)、日本一行詩大賞新人賞(2016年)、ユリイカの新人(2021年)受賞。

惟任將彥これとう・まさひこ

1975年兵庫県生まれ。歌人、日本語教師。大学在学中に塚本邦雄ゼミに所属、作歌を始める。歌誌『玲瓏』会員。第28回玲瓏賞受賞。2018年、歌集『灰色の図書館』(書肆侃侃房)刊行。

山川藍やまかわ・あい

1980年愛知県名古屋市生まれ。2018年、歌集『いらっしゃい』(KADOKAWA)刊行。

企画者プロフィール

ON READING

2006年に前身となる書店を、名古屋市伏見にオープン。2011年に名古屋市・東山公園に移転し「ON READING」としてリニューアル。何かを感じたり、疑問に思ったり、考えるきっかけとなるような、多様な価値観を教えてくれる本を、新刊、古本問わずセレクトしている本屋。併設するギャラリーにて、さまざまな作家の展覧会も開催。2009年に、出版レーベル「ELVIS PRESS」を立ち上げ、これまでにおよそ20タイトルをリリースしている。

イラストレーター
プロフィール

宮崎信恵みやざき・のぶえ

1984年徳島県生まれ。イラストレーター〈STOMACHACHE.〉として妹、宮崎知恵と共に活動。刺繍、パッチワーク、陶芸、木版画、俳句など表現手法は多彩。絵本『See You Tomorrow』(ELVIS PRESS、2018年)を刊行。

関連施設・場所

35.169134, 136.912069(広小路通・栄四丁目付近)|谷川電話

広小路通は名古屋のメインストリート。栄四丁目付近は名古屋市を代表する歓楽街・商業エリアで、多くのビルが立ち並び、カフェや居酒屋、クラブなどが密集している。

伏見|戸田響子

駅周辺部は金融街・オフィス街で、美術館、科学館などもある。近年は、駅北部の長者町繊維街の再開発も進み、飲食店や衣料、雑貨店、ミニシアターやインテリアショップなどの店舗も並んでいる。

平和園|小坂井大輔

大手予備校やビジネスホテル、個人商店や風俗店、居酒屋、ミニシアターなどが雑然と立ち並ぶ名古屋駅西側エリアにある中華料理店。歌人の小坂井大輔が厨房に立ち、短歌の聖地とも呼ばれる。
名古屋市中村区則武2-6-14

ASTY(アスティショッピングセンター)|寺井奈緒美

名古屋市千種区にある、スーパーマーケットのヤマナカや、衣料品チェーンストアのあかのれん、スポーツクラブやスガキヤなどが入る、地域密着型のショッピングセンター。
名古屋市千種区京命1-1-32
http://www.astykaihatsu.co.jp/index.html

相生山緑地|辻聡之

名古屋市天白区に位置する里山・丘陵地。現在は「オアシスの森」として遊歩道が整備され、自然に触れられる散策コースが多くの人に愛されている。また、名古屋有数のヒメボタルの生息地としても知られている。
名古屋市天白区天白町大字野並稲田2005−57

今池|野口あや子

名古屋市千種区に位置する古くからの繁華街・歓楽街。商店や飲食店が密集し、ライブハウスやミニシアター、書店・ 古書店などもあり、名古屋を代表するカウンターカルチャーの発信地となっている。

ナゴヤドーム|千種創一

名古屋市東区大幸南一丁目にあるドーム型野球場。プロ野球・セントラル・リーグの中日ドラゴンズが専用球場(本拠地)として使用している。2021年1月以降、名称は「バンテリンドーム ナゴヤ」となる。
名古屋市東区大幸南1-1-1
http://www.nagoya-dome.co.jp

鶴舞公園|惟任將彥

名古屋市昭和区にある総合公園。名古屋市が設置した最初の公園で、国の登録記念物でもある。池や花壇、噴水などがあり、春は桜の名所として知られ、多くの人で賑わう。
名古屋市昭和区鶴舞1-1
https://tsurumapark.info

名古屋城本丸御殿|山川藍

愛知県名古屋市中区にある名古屋城は、大天守に金鯱を掲げ、日本100名城、国の特別史跡に指定されている。 本丸御殿は戦災により焼失したが、2018年に復元され、一般公開されている。
名古屋市中区本丸1
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/guide/honmarugoten/

ON READING 外観写真

ON READING

名古屋市・東山公園にあるギャラリー併設の書店。何かを感じたり考えるきっかけとなるような、多様な価値観を教えてくれる本をセレクト。出版レーベル「ELVIS PRESS」も手がけている。
名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A & 2B
http://onreading.jp